横浜バリアフリー研究所

テーマは《横浜・カフェ・車イス》車イスユーザーが実際に行って、感じたこと、みんなに優しいカフェ情報など

【新横浜】ドトール珈琲農園はフルサービスで過ごしやすいけどコーヒーの種類が少ない

ラー博で利尻らーめんを食べた後は、すぐ近くにある「ドトール珈琲農園新横浜店」へ。ドトールコーヒーの新業態で、横浜にはこちらしかありません。

【新横浜】ラー博・利尻らーめん味楽「焼き醤油らーめん」は昆布出汁の旨味が最高

新横浜にあるリハビリテーションセンターへ行く用事があったので、帰りに新横浜ラーメン博物館へ。この日は「利尻らーめん味楽」へ行くと決めていました。「焼き醤油らーめん」は利尻昆布のダシが効いていてスープに旨味がありました。

【南部市場】大阪の家具屋が営む「キノココチ」木のぬくもり感じる心地よいカフェ

スシローで寿司を食べた後、「kino-COCOCHI / Mr.Head stamp(キノココチ/ヘッドスタンプ)」へ。ブランチ横浜南部市場の一番奥に「こんなおしゃれなカフェがあるなんて!」とビックリです。「クラシカルなかためプリン」をいただきました。

【南部市場】スシロー ブランチ横浜南部市場店「車いすのお席6席」が気になり行ってみた!

先日、くら寿司行った後に思ったのは、やっぱりスシローのほうが美味しかったような…ということです。で、「スシロー ブランチ横浜南部市場店」がシーサイドライン 南部市場駅から徒歩3分と駅から近いので、行ってみました。

【元町】ハマブレッドは路面店で対面販売だけど…車イスユーザーには敷居が高いパン店

元町界隈へ行くからには、パンを買って帰りたいものですが、車イスユーザー1人ですと選択肢は限られます。「ハマブレッド」は路面店であり、前を通ると行列していなかったので、行ってみました。

【元町】1年半で7店舗!ユニコーヒーロースタリーは横浜でいま一番勢いのあるコーヒー屋

2020年4月に横浜駅西口近くの岡野町にオープンしてから1年半で7店舗も出店している「UNI COFFEE ROASTERY(ユニ コーヒー ロースタリー)」。関内南口にも出店予定とのことです。元町へ行った際に寄ってみました。

【新山下】「くら寿司 横浜新山下店」は駅近で車イスユーザーに優しいセルフ回転寿司店

「くら寿司 横浜新山下店」は車イスユーザーに優しい「セルフ」回転寿司店。本当に完全非接触で、車イス利用でも、店員さんと接することないシステムがすごいと感じました。

【横浜駅西口】横浜高島屋ジュウニブンベーカリーは対面販売で買いやすい!品数、サイズ感が◎

久しぶりに横浜駅へ行く用事があったので、横浜高島屋の地下1階に2021年3月にオープンした「ベーカリースクエア」に寄ってみました。「ジュウニブンベーカリー」は対面販売で買い物しやすいパン屋さんです。

「6号車4番ドア」の段差・すき間がせまくなった!有効利用できる車イスユーザーはいる?

JR桜木町駅「6号車4番ドア」に車イスのマークが大きく描かれた「ホームと列車のすき間をせまくしています」というピンク色のスペースを見かけました。有効利用できる車イスユーザーはいるのでしょうか?

【桜木町駅】維新商店 みなとみらい店 美味しくまた食べたいのに1人で行けない理由とは

横浜市役所内の商業施設「ラクシスフロント」にある維新商店でラーメンを食べようと行ってみました。結論から申し上げますと、車イスユーザー1人での利用は難しいラーメン店でした。

【馬車道駅】横浜で一番高いタワーマンション上階に絶景穴場カフェ開店!ザヨコハマベイ

「馬車道のタワーマンションの上階にカフェがある」という噂を耳にしていたので行ってみました。そこには絶景の穴場カフェ「THE YOKOHAMA BAY Le Cafe(ザ ヨコハマ ベイ ル カフェ)」がありました。

【みなとみらい】ロープウェイ「ヨコハマ エア キャビン」車イスで乗ってみた!料金・対応

2021年4月22日開業の「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマ・エア・キャビン)」。各メディアなどで「バリアフリー」な施設であると取り上げられています。実際はどうなのか、取材へ行ってきました。

【みなとみらい】はまやカレーは名店キクヤカリー監修!ハンバーグスリランカカレー再現度高い

キクヤカリーが監修した「はまやカレー」がランドマークプラザに2020年末にオープン。2号店ではなく、あくまで「監修」ですが、「あの味に出会えそう」という期待を胸に行ってみました。

【横浜駅西口】ニュウマン横浜のラルフズコーヒーはテイクアウトで利用したいコーヒーショップ

新しい商業施設に新しいコーヒー屋がオープンすると気になるものです。店名に「COFFEE」が入っているとなおさらです。ニュウマン横浜の「Ralph's Coffee(ラルフズ コーヒー)」にようやく行くことができました。