横浜バリアフリー研究所

テーマは《横浜・カフェ・車イス》車イスユーザーが実際に行って、感じたこと、みんなに優しいカフェ情報など

鎌倉駅から鎌倉紅谷「サロンドクルミッコ」へ車イスでのアクセス、入口のバリアフリー状況は?

鎌倉・小町通り

鎌倉は、車イスユーザーにとって、あまり優しくない街です。古都で、観光地なので仕方ないのかもしれませんが。

老舗の蕎麦屋なんかは入れないですし、車イスユーザーになる前によく行っていたお店は2階だったり、小道を入っていったりで、たどり着くことができませんので。

そんな鎌倉にありながら、本当の意味での「バリアフリーなカフェ」だと感じたのが、鎌倉紅谷「Salon de Kurumicco(サロン ド クルミッコ)」です。

JR・江ノ島電鉄「鎌倉駅」から車イスで向かうルートを紹介します。

 

鎌倉駅東口改札を出てまっすぐ、横断歩道を渡って若宮大路(わかみやおおじ)へ向かいます。

鎌倉駅東口からサロンドクルミッコ アクセス

若宮大路を横切る信号は渡らず、左へ。

ユニオン鎌倉店の前「二の鳥居」の信号を渡ります。

二の鳥居

段葛(だんかずら)は高くなっているので段差があります。

段葛

若宮大路を横断したら、左へ。

「Romi-Unie Confiture(ロミユニ・コンフィチュール)」は、菓子研究家いがらしろみさんが作ったジャムと焼菓子のお店です。入口は段差がないので、中に入れそうな。

Romi-Unie Confiture(ロミユニ・コンフィチュール)

店頭でクレープも売っているようです。クレープは食べたことがないです……。

Romi-Unie Confiture(ロミユニ・コンフィチュール)

鎌倉彫会館。どこかにエレベーターがあるらしいです。

鎌倉彫会館

もう少し進みます。

斜めになっていたり、狭くなっていたりするので、ご注意ください。

若宮大路は入り口に段差のあるお店が多いです。

わらび餅で有名な「こ寿々(こすず)」です。蕎麦も食べられます。

わらび餅 こ寿々

「丸山珈琲 鎌倉店」です。残念ながら、段差があり、中は狭いので、車イスでは入れません。以前、豆を買って、おまけのコーヒーをいただきました。

丸山珈琲

丸山珈琲

丸山珈琲の並びには、「VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴコーヒーロースターズ)鎌倉雪ノ下店」も。アメリカの西海岸・カルフォルニア発のスペシャルティコーヒーショップです。

VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴコーヒーロースターズ)鎌倉雪ノ下店

入口はバリアフリーで、中も広々としているので、車イスでも入店可能。以前、ゆっくりとコーヒーを楽しみました。

ピッツァが美味しいと評判の「DADA(ダダ)」。持ち上げてもらわないと、入店できなさそうな。

ピッツァDADA

鎌倉紅谷「Salon de Kurumicco(サロン ド クルミッコ)」に到着! 1階はクルミッ子などの販売で、2階がカフェです。

鎌倉紅谷 Salon de Kurumicco(サロン ド クルミッコ)

入口は自動ドアで、間口は広いです。

▼カフェの紹介は下記記事へ

www.barrierfree.yokohama

 

 

帰りは「丸山珈琲」を過ぎた先の信号を渡り、段葛を横切ってみました。

結構高さがあるので、付き添いの人がいると安心です。後ろ向きで下りました。

カレーが有名な「キャラウェイ」、相変わらず行列していますね!

キャラウェイ

小町通りへ入ります。段差のある入口が多く、1人で入店するのは難しそうです。

この日は1年ぶりの車イスでの鎌倉散策でした。前回と比べて、物理的バリアフリーに変化はなかったように感じます。

 

2020年1月5日の朝日新聞に、鎌倉市観光協会のバリアフリーへの対応に関する記事が載っていました。物理的なバリアを「接客的バリアフリー」で対応しようと、障害当事者らを講師に招き、接遇講習が行われたとのこと。

 

▼該当記事は下記ページで公開されています

www.trip-kamakura.com

私自身、世の中の物理的な環境がもっとバリアフリー化してほしいとは思っていなくて。理想としての願いはありますが、コストやスペースの都合上、現実的には難しいだろうなと。現状でできることがあるとすれば、それは「接客的バリアフリー」だろうなと。

私が訪れることで、車イス客への対応について考えてもらうきっかけとなれば、うれしいです。

 

【関連記事】

www.barrierfree.yokohama