横浜バリアフリー研究所

テーマは《横浜・カフェ・車イス》車イスユーザーが実際に行って、感じたこと、みんなに優しいカフェ情報など

【鎌倉】美味しいカレーを食べたい時に食べたい「ウーフカレー」でお取り寄せ

鎌倉 ウーフカレー お取り寄せ

鎌倉・長谷のカレー店「woof curry(ウーフカレー)」で冷凍カレーのオンライン販売がスタートしたのでお取り寄せしてみました。

ウーフカレーは「美味しいカレーを食べたいなぁ」と思った時に食べたいカレーです。

お店で食べるのがベストですが、カレーであればその他のお取り寄せと比べると、美味しさが劣化するようなことはあまりないと思っています。

 

 

本当は、 食欲そそるカレーの香りが漂う、スタンダードトレードが手掛けた店内で食べたいものです。

鎌倉 ウーフカレー お取り寄せ

1袋2人前なのですが、内容量が気になって計ってみたら、だいたい450gでした。
思っていた以上にお肉がゴロゴロ入っています。

鎌倉 ウーフカレー

やっぱり美味しい。

ちなみに家でカレーを食べる時は「0.5皿×2」で、前後半に分けて食べます。
どちらかというとゆっくり食べるため、そのほうが後半も温かい状態で食べられるので。

 

鎌倉 ウーフカレー お取り寄せ

そういえば……、解凍中に袋に汗をかくと、袋に貼ってある「woof curry」の文字が消えやすく、手を汚してしまうのでご注意ください。

 

前回、すごく久しぶりにお店へ行ったのは、2018年12月。鎌倉駅から由比ガ浜大通りを進んで行きました。けっこう道がガタガタで、時々、車道を進んで行ったような。

ウーフカレー外観

で、お店の入口はほぼ段差がなかったのですが、中に入ると段差があって。

ウーフカレー入口

オーナーさんとスタッフの方、2人で持ち上げてくれました。とても自然で慣れていて、以前にも車イスユーザーの対応をしたことがあるのかなと。「接客的バリアフリー」なお店です。

 

そうそう、入った瞬間分かりました、スタンダードトレードだなって。「STANDARD TRADE」が正しいかもしれません。
内装、家具のデザインがそれです。
玄関ドア、テーブル、椅子、ベンチソファ……。トイレがどうなっているのか気になって、気になって。
似たようなデザインもあると思いますが、入った瞬間に分かるってすごいことです。

鎌倉 ウーフカレー

ビーフカレー


世の中にはカレー屋がたくさんあって、鎌倉エリアにも増えているそうですが、woof curryのカレーは、woof curryのものだと分かる美味しさがあると思います。

「美味しいカレーを食べたいなぁ」と思った時に食べたいカレーは、こちらです。
「キャラウェイ」や「極楽カリー」も好きですが、「最後の1皿」を選ぶとしたら「woof curry」です。

 

吉祥寺にあるカレーの名店「まめ蔵」で修行されたオーナーがオープンさせたのは、2008年4月19日。ステキな記事を見つけました。店内の様子もたくさん掲載されています。

shonan-garden.com

 

woof curry(ウーフカレー)
住所:鎌倉市長谷2-10-39
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜
電話:0467-25-6916
最寄り駅:江ノ電 長谷駅、JR鎌倉駅
URL:http://www.woof-curry.com/

オンラインショップ:https://woofcurry.stores.jp/

 

【関連記事】

www.barrierfree.yokohama

www.barrierfree.yokohama

www.barrierfree.yokohama

▼スパイスを買ってカレーが作りたいな、と思ったときはこちらの本を参考に。