横浜バリアフリー研究所

テーマは《横浜・カフェ・車イス》車イスユーザーが実際に行って、感じたこと、みんなに優しいカフェ情報など

ひとつだけ「幅の広い自動改札」がある理由とは?

f:id:hama_tra:20190603002647j:plain

たくさんある改札の中で、1つだけ幅が広いものがあります。それはなぜでしょうか。

 車イスの人やベビーカーを押している人が向かってくるのに気付いたら、幅の広い改札を避けてもらえると助かります。向かい合ったら早い者勝ちみたいに、早足になる方いますので。

 

自動改札機の幅について

一般的な自動改札機の幅について調べてみると、各鉄道会社で55cm~59cmと決められているのだとか。

 

幅の広い改札については、2006(平成18)年に定められた「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(バリアフリー新法)により、公共交通機関では、バリアフリー化が進められており、90cm~95cmのものが設けられるようになってきています

www.pref.kanagawa.jp

f:id:hama_tra:20190604002227j:plain

90~95cmとは車イスユーザーやベビーカー、大きな荷物を持っている方が無理なく通れる幅なのですが、このような改札があることは、まだ知られていないようで。「よーいドン」みたいに、向かい合ってしまうことがよくあります。

 

双子の赤ちゃんがいるファミリーと知り合いなのですが、私が電車やエレベーターなど乗った時に、周りの人から嫌なことを言われたりしないか心配してくれまして。肩身の狭い思いをしているらしく。双子用ベビーカーだと、畳めないですね……。

私は普通の改札でもギリギリ通れたのですが、双子用のベビーカーとなると果たして……? あっ、縦型だったら通れそうですね。

 

ちなみに、幅の広い改札がない駅では、駅員さんがいる改札で対応してもらいます。