横浜バリアフリー研究所(仮)

車イスユーザーが横浜のバリアフリー事情についてレポート。当研究所(仮)が認定するバリアフリーなカフェ情報も。

車イスユーザーはお酒を飲んで車イスをこぐと「飲酒運転」になる?

カフェルシェルシュでサバランを食べていた時、謎のツレが、お酒を飲んで車イスをこぐと飲酒運転になるのか、と言い出しました。…

【横浜駅東口】アソビル「横濱丿貫(へちかん)」は車イスでも入店可能なラーメン店!煮干蕎麦が美味しい

横浜駅東口にある複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」1階にある煮干蕎麦が人気のラーメン店「横濱丿貫(へちかん)」へ車イスで行ってみました。…

JR山手駅から「カフェ ルシェルシュ」へ 車イスでの行き方は? 推奨ルート・バリアフリー状況

当研究所が接客的にバリアフリーなカフェだと考えている「Cafe Recherche(カフェ ルシェルシュ)」。車イスユーザー的には、行きはJR山手駅、帰りはJR石川町駅を利用することをおすすめします。…

映画館の車イス席、最前列が多いのはなぜ?

車イス生活になってから何度か映画館(シネコン)で映画を観ましたが、映画館にある車イス席は、最前列に設けられていることが多いように感じます。スクリーンを見上げるような、首が痛くなりそうなあの席…

【山手】カフェ ルシェルシュは接客的バリアフリーでプリンが美味しいおすすめカフェ

車イスユーザーは、美味しいケーキを楽しむことに対してのハードルは高いと感じています。Cafe Recherche(カフェ ルシェルシュ)のように、美味しいケーキをイートインできるお店がなかなかないからです。…

電車にピンク色の「フリースペース」増えているのは優しさが足りないから…?

JRの車両に設けられているピンク色の「フリースペース」、最近よく見るようになりました。JR東海道線で初めて見た時、派手でビックリしましたが、分かりやすいですね。 ベビーカーや車イス利用者に配慮してください、というスペースだそうです。大きな荷物や…

【新高島】R Baker(アールベイカー)みなとみらい店は車イスで入るにはギリギリのベーカリーカフェ

横浜野村ビルの敷地内にあるベーカリーカフェ「R Baker(アールベイカー)みなとみらい店」。結論から言うと……

横浜駅西口から東口「アソビル」へ 車イスでの行き方は?入口・推奨ルート

横浜駅周辺の施設へ行くルートの場合、車イスユーザーはエレベーターに乗らないといけないので「道はひとつ」。横浜駅西口から東口「アソビル」へ、横浜駅構内を通過しながら車イスで行くルートを紹介します。…

【横浜駅東口】「アソビル」に車イスで行ってみた!丿貫の煮干蕎麦が食べたい!

横浜駅東口に2019年3月15日にオープンした、複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」に車イスで行ってみました!「丿貫(へちかん)」の新店舗がオープンしたので…

JR石川町駅から「カフェドゥラプレス」へ 車イスでの行き方は? 入口・推奨ルート

当研究所が横浜で一番、物理的にも接客的にもバリアフリーなカフェだと考えている「カフェドゥラプレス」。JR石川町駅から車イスで向かう推奨ルートを紹介します。…

【日本大通り】カフェドゥラプレスは横浜で一番、物理的にも接客的にもバリアフリーなカフェ

こちら以外に「物理的にも、接客的にもバリアフリー」なカフェはあるのでしょうか。「CAFE de la PRESSE(カフェドゥラプレス)」は、美味しくておすすめできるお店であり、なおかつバリアフリーなカフェであり…

JR関内駅のエレベーターは、なぜ南口にはないのか

JR関内駅は、北口にあって、南口にはエレベーターがないです。分かりづらいので言い換えると、セルテ側にあって、横浜スタジアム側にはありません。

車イスだと階を移動する選択肢はエレベーターだけ

デパートや商業施設のエレベーター。満員でなかなか乗れないのです。「車イス・ベビーカー優先」と書かれたエレベーターに乗ってはいけないということではなく、できれば別のエレベーターへ。…

ひとつだけ「幅の広い自動改札」がある理由とは?

たくさんある改札の中で、1つだけ幅が広いものがあります。それはなぜでしょうか…

物理的なバリアをクリアする「接客的なバリアフリー」

車イスユーザーの私の視点では、横浜のカフェは次の3つに分類されると考えています。一番おすすめできるのは、物理的にも、接客的にもバリアフリーのカフェです。…

当サイトについて/プライバシーポリシー

「横浜バリアフリー研究所(仮)」(以下、当サイト)は、車イスユーザーの視点で、情報を発信しています。