横浜バリアフリー研究所

テーマは《横浜・カフェ・車イス》車イスユーザーが実際に行って、感じたこと、みんなに優しいカフェ情報など

【西横浜】わざわざ行ってでも食べるべき「一酵や」の冷やし中華は美味しいという言葉しかない

一酵や(いっこうや)入口段差

インスタグラムで去年の夏に教えてもらった「美味しい冷やし中華」が食べられるラーメン店「一酵や(いっこうや)」。2020年も冷やし中華が7月下旬にスタートしたとのこと。

西横浜は少し行きづらく、今年の夏はわざわざ行く予定がないのですが、謎のツレが行ってきたようですので、去年を振り返りつつ紹介してみます。

 

 

 

去年、「今年の夏にやることリスト」のひとつに掲げていた「美味しい冷やし中華を食べること」
「オーソドックスな冷やし中華を食べたくて、おいしいのを。」とインスタグラムに書き込んだら、ラーメンマニアの方が教えてくれました。「一酵やもテーブルあるのでいけると思います。夏には美味しい冷やし中華出ますよ。」と。

で、二俣川へ行く用事が出来たので、同じ相鉄線沿線にあるこちらでお昼を。

西横浜駅を出て、お店の前へたどり着くと…、3段あって、幅も狭くて、自力では越えられない段差が…!

一酵や(いっこうや)外観

「食べログ」などでは、お店の入口の画像は載っているのですが、この段差を含めた画像は載ってなくて。

一酵や(いっこうや)入口段差どうしようかな…と思っていたら、食べ終わって出てきたお客さんに声かけてもらい、店主さんと2人で持ち上げてもらい、入店できました。

店内は、カウンター席とテーブル席があります。私はテーブル席へ。車イスでちょうどよい高さです。

一酵や(いっこうや)店内


メニューには、次のように書かれていました。

「最高の素材で単純に作る。

スープは作り置きでなく、注文ごとに岩中豚のスライスとアゴ、煮干、昆布、鰹節のスープを合わせて作ります。

麺は北海道産小麦100%と岩塩とかん水のみを自社工場で製麺し、熟成させた麺を使用」

 

冷やし中華は夏季限定商品とのこと。味付け玉子を追加。
しばらく待っていると、運ばれてきました。

一酵や 夏季限定 冷やし中華

具材は、蒸し鶏、チャーシュー、錦糸卵、中華クラゲ、トマト、キュウリ、水菜…、オーソドックスでも、見た目からもそうですが、創作的なところを感じさせるところが、料理人のような気がしました。

あたたかいスープ付きがうれしいです。

ベースはマイルドな酸味の甘いしょう油だれですが、蒸し鶏にゴマだれがかかっているので、しょう油だれとゴマだれ両方のいいとこ取りみたいな。

 

美味しいという言葉しかない…。
誰からも愛されるであろう美味しさです。

良いお店は…、お店が良いのはもちろんですが、良いお客様でできているような気がしました。

 

謎のツレが食べた、2020年バージョン。
去年のものとは少し違うような。

一酵や 夏季限定 冷やし中華

記事内の店内の画像も、謎のツレが撮影した2020年バージョンです。ホワイトボードに書かれているのは、期間限定メニューのようです。

一酵や メニュー

 

■ 一酵や(いっこうや)
住所:横浜市西区浜松町10-7 1階
営業時間:水~土曜 11:30~14:00、17:30~22:00(L.O.21:45)
日曜 11:30~15:00
定休日:月曜、火曜
電話:045-341-0349
最寄り駅:相鉄線 西横浜駅

 

バリアフリー度調査報告

<バリアフリー度(☆☆☆で評価)>
入口:なし(入口までに3段の段差あり)
店内の広さ:★★★(テーブル席あり)
テーブルの高さ:★★★(ちょうどよい高さ)
車イス用トイレ:なし(西横浜駅のトイレを利用)
接客:(中からは外の様子が見えないので食べ終えたお客さんに声をかけてもらうしかないが、車イスでの入店を手伝ってくれた)

 

▼ 相鉄線 西横浜駅からのアクセスはこちら

www.barrierfree.yokohama

▼横浜でおすすめしたい、車イスで入店可能なラーメン店

www.barrierfree.yokohama

www.barrierfree.yokohama