横浜バリアフリー研究所

テーマは《横浜・カフェ・車イス》車イスユーザーが実際に行って、感じたこと、みんなに優しいカフェ情報など

【鎌倉】鎌倉紅谷「サロンドクルミッコ」美味しくておすすめしたい本当にバリアフリーなカフェ

サロンドクルミッコ 内観

横浜ハンマーヘッドの「Kurumicco Factory(クルミッコファクトリー)」のカフェを利用し、カフェラテの美味しさに驚きました。
その時から行こう、行こうと思っていた鎌倉の「Salon de Kurumicco(サロン ド クルミッコ)」へ行ってきました。

こちらこそが本当の意味での「バリアフリーなカフェ」だと、心の底から思いました。

カフェラテが美味しいのはもちろんのこと、車イスユーザーの私にとって、それと同じくらい大切なことは「バリアフリーなカフェ」であることです。

バリアフリーなカフェとは?
そもそもバリアフリーの定義とは?
段差がないことだけがバリアフリーなのか?

これらを改めて考え、感じたこともあったお店でした。

 

 

 

ちょうど1年前の2018年12月のこと。車イスユーザーになって初めて、鎌倉カフェ巡りをしました。
自分へのお土産として「八幡宮前本店」でクルミッ子を買ったのですが……、そうです、サロン ド クルミッコはこちらの2階なのです! 実は、その時は全く気づきませんでした(笑)。

鎌倉紅谷 八幡宮前本店 1階
▲鎌倉紅谷 八幡宮前本店 1階 販売店 内観

 

ただその時、もしカフェがあると気づいたとしても、おそらく利用しなかったでしょう。エレベーターがあると思いませんでしたし、こちらに多目的トイレがあるとは知りませんでしたから。

鎌倉は古都であり、大型商業施設がなく、車イスユーザーが使えるトイレがなかなか見つかりません。鎌倉駅の多目的トイレぐらいしか思いつきません。
鎌倉に関しては、車イスでなくても、トイレには困ることが多いと思います。結局、飲食店に入った時に利用するしかないような。

そんなこともあったので、サロン ド クルミッコがエレベーターと多目的トイレを備えている「バリアフリーなカフェ」であると知った時は驚きました。

鎌倉紅谷 サロンドクルミッコへの扉

さて、1階 販売店の奥の「秘密のドア」の向こうのエレベーターに乗り、サロン ド クルミッコへ行きましょう。

サロンドクルミッコ エレベーター

開店時間(9:30)に到着したので、まだ空いていて。一番奥の4人掛けのテーブルに案内されました。

サロン ド クルミッコ▲窓の外には八幡宮の赤い鳥居が見えました!

サロンドクルミッコ 内観▲すべてのテーブルやイスが大きめで、ゆったりした店内

サロンドクルミッコ▲ガラスの向こうにエスプレッソマシンなども見ることができます

Salon de Kurumicco~秋・冬~Salon de Kurumicco~秋・冬~(1400円税別)……鎌倉の秋・冬をイメージした、優しいスイーツのプレート。冬季限定メニューで、オレンジフラワーウォーター香るカステラ、和栗を使用したモンブラン、しょうがのブランマンジェ、ヘーゼルナッツのマカロン、カシスの生キャラメル、生チョコ(アールグレイ風味)、ちいさな鎌倉だより(プレーン、あずき、抹茶 ※クリスマス仕様)がワンプレートになっています。それぞれ単品で、大きなサイズで食べたいです

 

キャラメルナッティーラテキャラメルナッティーラテ(650円税別)……クルミッ子のキャラメルソースを使ったサロン ド クルミッコのオリジナルラテ。ラテにキャラメルソースの香ばしさ、甘さがプラスされることで、スイーツ系ドリンクとして、これだけで満足できる1杯

 

カプチーノカプチーノ(550円税別)……コーヒー感が強く感じられるカプチーノ。クルミッ子のパッケージでおなじみの「リスくん」がカップにもラテアートでも描かれています。クルミッ子ファクトリーで飲んだカフェラテと同じコーヒー豆を使っていますが、味のほかにいろいろと違いがあります。詳しくは別の機会に

 

▲ドリンクメニューには、クルミのおつまみとソースが付いてきてビックリ! そのままでも、クルミッ子にも使われているキャラメルのソースをかけても。600円、700円くらいのドリンクにこちらが付くことで、価格的な満足度も上がりました

 

コーヒー美味しいです。

ドリップコーヒーはメニューにないので、エスプレッソドリンクであり、カプチーノとラテでコーヒーを語るには、それだけでは足りないような気もしますが……、そこは「クルミッ子ファクトリー」で同じ豆を使ったエスプレッソを飲んだということで。いつか、アメリカーノも飲んでみないと。

ドリンクメニューは、紅茶、ほうじ茶のほか、ビールやワインといったアルコール類、抹茶などを使ったオリジナルドリンク、自家製レモネードやジンジャーエール、エルダーフラワーを使ったものもあり、それぞれにこだわっている点があるとのこと。

ただ、どんなにこだわっていても「スイーツあってのコーヒー」と、アシスタントマネージャーの石川紘大(ひろまさ)さんが言っていました。

石川さんは、サロン ド クルミッコとクルミッ子ファクトリーのドリンクメニューを考案、選定した方です。

コーヒーは主役ではなく脇役、引き立て役。
コーヒーがスイーツに勝っても、コーヒーがスイーツに負けてもダメ。

主役はあくまでも紅谷のスイーツ、ということ。
が、コーヒーだけ飲んだ時も満足、納得してもらえるものを。

サロンドクルミッコ コーヒー豆

そのようなところにコーヒーはもちろん、すべてのドリンクの美味しさへのこだわりを感じました。

バリアフリーは関係なく、美味しいスイーツ、美味しいコーヒー、美味しいドリンクのあるカフェとして、どなたにでもおすすめしたいです。

実力派のバリスタとしてコーヒー業界で知られている石川さんにいろいろとお話を伺ったので、コーヒーに関してもう少し掘り下げて、別の記事でレポートします。

※追記:レポートアップしました

www.barrierfree.yokohama

 

あっ、会計時に、テイクアウトもやっていることに気付きました。2階にわざわざあがる必要がありますが、わざわざあがる価値のあるドリンクです。鎌倉駅までのお供に利用してみてはいかがでしょうか。

サロンドクルミッコ 会計カウンター

 

■ Salon de Kurumicco(サロン ド クルミッコ)

住所:鎌倉市雪ノ下1-12-4 鎌倉紅谷 八幡宮前本店 2階
営業時間:月曜 13:00~17:00(L.O.16:30)、火曜~木曜 9:30~17:00(L.O.16:30)、土日祝 9:30~17:30(L.O.17:00)
定休日:金曜
最寄り駅:JR横須賀線、江ノ島電鉄 鎌倉駅

※営業時間、定休日は2019年11月29日より変更となりました
※サロン ド クルミッ子の年末年始の営業は次の通り。
2019年12月30日(月)、12月31日(火)⇒臨時休業
2020年1月1日(水)~1月5日(日)⇒9:30~17:30(L.O.17:00)

www.beniya-ajisai.co.jp

 

バリアフリー度調査報告

<バリアフリー度(☆☆☆で評価)>
入口:★★★(入口は自動ドアでフラット)
店内の広さ:★★★(車イスで移動しやすい)
テーブルの高さ:★★★(問題ない高さ)
車イス用トイレ:★★★(3階に多目的トイレあり)
接客:★★★(優しさ、思いやりが感じられる)

 

・車イスで行ってみて…

本当の意味での「バリアフリーカフェ」だと感じました。
気になったところがないというか、不安になること、心配になることがなかったです。
店内はゆったりしていますし、テーブルもちょうど良い高さで、安心感のある接客。

サロンドクルミッコ テーブル

鎌倉駅から徒歩で7分の場所にありますが、車イスで利用できるトイレが3階にあるので「そわそわ」することもないです。

サロンドクルミッコ 多目的トイレ

サロンドクルミッコ 多目的トイレ

そういったこと全てが揃っているので、本当に何も気にすることなく過ごすことができました。

そうでなければ、3時間も滞在することはできないです。(混雑時は2時間経過時にお声を掛けさせていただきます、とのことでした)

 

・物理的、接客的バリアフリーについて

どちらも何も言うことがないです。満点です。
懸念材料があるとすれば……、混雑時です。

1階ではお土産を買う人の行列ができていそうですし、そこを通って2階へ行けたとしても、待つスペースが限られているので、行列している場合はどのような対応となるのか不明です。
が、店員さんがうまく誘導してくれると期待しています。

鎌倉紅谷 八幡宮前本店

今回、入店すると「おはようございます」と迎えられました。

石川さんを含めて3名くらいの店員さんに接客してもらいましたが、優しさ、思いやりを感じられるものでした。

最低限の接客ルールやマニュアルといったものはあると思いますが、自主性というか、店員さんそれぞれが考えて接客されているのではないかと。 

ということで、横浜バリアフリー研究所がレポートしたカフェの中では、一番おすすめしたいカフェです。あっ、横浜ではなく、鎌倉ですが。

 

▼鎌倉駅からサロンドクルミッコへ、車イスでのアクセスルートはこちら

www.barrierfree.yokohama