横浜バリアフリー研究所

テーマは《横浜・カフェ・車イス》車イスユーザーが実際に行って、感じたこと、みんなに優しいカフェ情報など

連節バス「ベイサイドブルー」横浜市都心臨海部を2020年6月から走行開始!バリアフリー対応レポート

横浜市営バス 連節バス「ベイサイドブルー」

横浜市の都心臨海部を走行する連節バス「ベイサイドブルー」の発表会が2020年2月10日、横浜ハンマーヘッドで行われました。

国産では初めてとなる連節バス。バリアフリー対応もバッチリです。

横浜市営バス 連節バス「ベイサイドブルー」

連節バス「ベイサイドブルー」は、横浜駅東口からパシフィコ横浜新港ふ頭客船ターミナル横浜赤レンガ倉庫大さん橋客船ターミナルなど臨海部を経由し、山下ふ頭までを結ぶ路線。2020年6月に運行開始予定となっています。

横浜市営バス 連節バス「ベイサイドブルー」

日野自動車と、いすゞ自動車が共同開発したハイブリッドバスで、全長は約18メートル、定員113人。4台導入されるそうです。

 

 

 

車いす用スロープは、中扉に設置されています。

横浜市営バス 連節バス「ベイサイドブルー」

反転式なのでワンタッチでスロープが出し入れ可能。これなら運転手さんも作業しやすいですね。

横浜市営バス 連節バス「ベイサイドブルー」

横浜市営バス 連節バス「ベイサイドブルー」

4席分の折り畳みシートのスペースが、車イスやベビーカー用に充てられています。

横浜市営バス 連節バス「ベイサイドブルー」

車イスは2台設置可能です。

横浜市営バス 連節バス「ベイサイドブルー」

横浜市営バス 連節バス「ベイサイドブルー」

2020年6月に運行開始したら、乗ってみたいと思います。2020年4月ごろに運賃やバス停などの詳細が発表される予定とのことです。

 

全体の詳しいレポートは「横浜ウォッチャー」さんの記事をご覧ください。後車室には対面式シートがあるようです。

travelyokohama.hatenablog.jp

【関連記事】

www.barrierfree.yokohama

www.barrierfree.yokohama