横浜バリアフリー研究所

テーマは《横浜・カフェ・車イス》車イスユーザーが実際に行って、感じたこと、みんなに優しいカフェ情報など

【石川町】サバランが代名詞のカフェ・ルシェルシュ復活!新メニューのキャビネット・プリンを

ギャラリーカフェ「Plus.M」にて「カフェ・ルシェルシュ」が復活

車イス生活になってからも、その前も、好きでよく行っていて、2019年9月に閉店した「カフェ・ルシェルシュ」さんが復活したということで行ってきました。場所は、JR石川町駅近くにあるギャラリーカフェ「Plus.M」さんで、土日のみの営業になります。

 

 

 

 

カフェ・ルシェルシュの代名詞「サバラン」が復活

カフェ・ルシェルシュのサバラン

「カフェ・ルシェルシュ」さんの代名詞といえるスイーツは、ドラマにも登場した「サバラン」。今回の復活にあたり、あのサバランも復活しています(画像は麦田町のときのもの)。サバランは定番メニューとして毎回提供しているようですので、食べたことのある方もない方も、ぜひ食べてみてください。

カフェ・ルシェルシュのクレームジャスマン

そして、私の一番好きな「クレーム・ジャスマン(=ジャスミンティのクレームブリュレ、画像は麦田町のときのもの)」は時々登場するようです。こちらもぜひ。

 

食べてみたくなった「キャビネット・プリン」

Plus.Mのカフェスペースは階下に

Plus.Mのカフェスペースは階下に

ギャラリーカフェ「Plus.M」さんは、石川町駅からアクセスしやすい場所にあるものの、古民家を改装しているギャラリーであり、カフェは階段を降りて店内へと入ります。車イスでは店内へ入ることは難しいので、行けないだろうと思っていました。

テラス席を利用させてもらいました

テラス席を利用させてもらいました

しかし、テラス席があり、そちらへは車イスで入れそうとのこと。「キャビネット・プリン」をルシェルシュ元店主さんのインスタグラム(https://www.instagram.com/recherche0618/)で見て、これは食べてみたいと思い、ツレと行ってみました。

キャビネット・プリン(600円)

キャビネット・プリン(600円)

「キャビネット・プリン」は簡単に説明すると、「カステラ、ドライフルーツなどがはいったプリン」です。

メニューとして提供している「焼プリン」とベースになるプリン液は同じだそうですが、カステラが入っている分、より固めなプリンになったように感じます。

ドライフルーツの食感がアクセントになり楽しめます。

キャビネット・プリン(600円)

カステラがカラメルソースを吸ってくれるためか、ソースをほとんど残すこともなく、美味しくいただきました。

 

ミルクなしの「ストレートチャイ」とは

紅茶のメニューは3種類。普段から自宅でも飲んでいる「ダージリン」、一般的なフレーバードティーであっても好みではない「アールグレイ」、それと「ストレートチャイ」です。

紅茶の選択肢の「遊び」があるのがうれしいです。ストレートチャイを選びました。

ストレートチャイ(750円)

ストレートチャイ(750円)

アッサムのストレートティーにスパイスを効かせているものです。煮出しミルクティーのチャイのミルクなし、と説明したほうがイメージしやすいかもしれません。

抽出時間、濃さもちょうど良く、香りをしっかり楽しめるスパイシーさです。

ポットからカップに注いでいる時から香っていました。抽出し終わったものをポットで提供されるので、ティーカップ2杯分ほどになります。

ストレートチャイが美味しかったので、ダージリンとアールグレイも美味しいだろうと思います。
また、ティーコージー(撮影時、はずしてしまいました…)もあって、丁寧さ、優しさを感じられました。

 

以前、麦田町で営業していた時には、「カフェ ルシェルシュは接客的バリアフリーでプリンが美味しいおすすめカフェ」と紹介しました。

www.barrierfree.yokohama

 

今回は、古民家を改装したギャラリーを間借り営業しているような形であり物理的バリアのハードルは高くなりました。が、接客的バリアフリーであるのは変わらないので、車イスユーザーにもオススメできます。

テーブルにパラソルがあるため日陰にはなってますが、暑いことには変わりないので、無理しないように行ってみてください。

Plus.M<Cafe> 概要

住所:横浜市中区石川町3-107-1
営業時間:土・日 12:00~18:00(L.O.17:00)
URL:https://plus-mm.jp/

Cafeの営業、メニューについては、麦田カフェ・ルシェルシュ元店主さんのインスタグラムで確認を。ギャラリースペースで展示やイベントなどがある日は、カフェの営業をお休みする場合があります。

https://www.instagram.com/recherche0618/

 

バリアフリー度調査報告

<バリアフリー度(☆☆☆で評価)>
入口:なし(ガタガタな段差あり)
店内の広さ:★★(テラス席のみ利用可)
テーブルの高さ:★★★(テーブル席は問題ない高さ)
車イス用トイレ:なし(最寄り駅など利用)
接客:★★(カフェは階段の下にあるが時々様子を見に来てくれる)

 

物理的・接客的バリアフリーについて

Plus.Mテラス席

カフェの店内に入ることは難しいです。階段を下りて行く必要があるためです。テラス席があるのでそちらで楽しんできました。

石川町駅からは、南口の小さいほうの改札を向かって右に出てまっすぐ進み、中華料理店「旭酒楼」の向かい側あたりに位置します。ただし、坂が急なところがあるので、南口の大きい方の改札からのアクセスは別途、記事で紹介します。

Plus.Mまでの道のり

古民家を改装していることもあり、正直、入口が分かりづらかったです…。裏口のようなドアが開いていて、看板等も出ているので、通り過ぎることはありませんでしたが。

Plus.M入口(開店時はドアは開放されています)

Plus.M入口(開店時はドアは開放されています)

入口を入るとすぐにテラス席があります。

看板があったり、狭かったり、段差もありますが、ツレがいたので特に問題ありませんでした。1人だと、ガタガタな段差を越えるのが難しいかもしれません。

表にインターホンがあるので、店主さんを呼んで手伝ってもらうのが良いと思います。

どちらにしても、店主さんは店内にいるので、注文したりするためにはインターホンで呼ばないといけないですが。

物理的にはバリアがありますが、接客でカバーしてくれる「接客的バリアフリー」なカフェというか店主さんです。

▼JR石川町駅南口からの推奨ルート

www.barrierfree.yokohama

 

【関連記事】

www.barrierfree.yokohama

www.barrierfree.yokohama

www.barrierfree.yokohama