横浜バリアフリー研究所

テーマは《横浜・カフェ・車イス》車イスユーザーが実際に行って、感じたこと、みんなに優しいカフェ情報など

ハンドドリップコーヒーでおうち時間を楽しむ!おすすめコーヒー豆のお取り寄せ編

ハンドドリップコーヒーでおうち時間を楽しむ

なかなかコーヒー豆を買いに行けないので、お取り寄せしておうちハンドドリップコーヒーを楽しんでいます。

良い焙煎豆というのは、劣化スピードが遅かったり、経時変化をも楽しめるものだと思っていて。いろいろなコーヒー豆を買って、自分で淹れてみて、「美味しいコーヒー豆であれば、美味しいコーヒーが淹れられる」という結論に至りました。

というわけで、私のおうちハンドドリップの方法や道具、よく購入するコーヒー豆店を紹介してみます。

「ハンドドリップコーヒーでおうち時間を楽しむ!」シリーズ第1回は「おすすめコーヒー豆のお取り寄せ」編です。(全3回)

おすすめのコーヒー豆

そういえば誰かが言っていたような。

「美味しいコーヒー豆は、箱を開ける前からその香りを楽しめる。また、淹れ終わってからのコーヒー粉の香りでも楽しめる」と。

液体としてのコーヒーもそうですが、豆や粉の香りを楽しむことも同じくらい好きです。

「美味しいコーヒー豆を探すのではなく、『店主のお任せで』と言えるようなコーヒー屋を見つけたほうがいいよ」と。

で、よく購入しているのは、以下の4店です。

 

 

喫茶イレブン

喫茶イレブン

奈良県生駒市にあるコーヒー豆売専門店です。正確に言えば、「喫茶」もあり、店名こそ「喫茶イレブン」ですが、基本的には「コーヒー豆売専門店」です。喫茶のほうは「おまけ」というか、コーヒーを飲むきっかけになるよう、「扉」が開かれている感じだそうです。

同じ生豆(なままめ)を使っても、焙煎士、焙煎方法により、全く異なる「コーヒー豆」が出来上がります。こちらのコーヒー豆は、そのコーヒー豆の特徴を前面に出すような焙煎をされていると思っています。

そして、喫茶イレブンのコーヒーには「芯」があると感じます。「スッキリ」でありながら「しっかり」しているという。ゆっくり時間をかけて、冷めて、冷ましてからも飲んでいたい、そんなコーヒーです。

色々なお店で買ったり、頂いたりしたコーヒー豆を、自分で淹れて飲むことが多いですが、年末年始に飲むコーヒーは、毎年毎年、喫茶イレブンの豆と決めておりますので。

URL:http://eleven-coffee.com/
ネットショップURL:https://eleven.saleshop.jp/


横浜元町珈琲

横浜元町珈琲

横浜・山手駅近くにあるコーヒー豆売専門店です。スペシャルティコーヒーの生豆を仕入れる「LCF(=Leading Coffee Family)」というグループに加盟しており、最高品質のスペシャルティコーヒーが入手できるお店です。店内で焙煎していて、豆の種類が豊富で選ぶのが楽しいです。

私自身美味しいと感じ、コーヒーに対しての話も合うので、8~9年のお付き合いがあります。「美味しいコーヒーを探す」ということよりも、「自分が美味しいと感じるコーヒーに出会う」ことのほうが大切であり、コーヒーをより楽しめると考えています。

こちらには「マンデリン」というハーブのようであり、独特のスパイシーさが特徴のコーヒーの銘柄豆があるのですが、こちらのものは「マンデリンらしい」ものだと思っています。「マンデリンってどんなコーヒーですか?」と聞かれれば、「こんなコーヒーです」と言って、飲んでもらいたいものです。

そうそう、なぜ山手にあるのに店名が「元町」なのかというと、2009年の創業時は元町にお店があったからです。2011年に現在の場所に移転されました。

URL:http://mcoffee0201.shop26.makeshop.jp/

▼山手駅からお店へのルートはこちら(ただし、お店は8月1日~31日まで長期休業されます)

www.barrierfree.yokohama


Three Penguins Coffee&Roaster(スリーペンギンズ コーヒーアンドロースター)

スリーペンギンズコーヒーアンドロースター

根岸の滝頭にある自家焙煎珈琲屋です。通販を始めましたので、手廻しロースター的な「深煎りネルドリップ」がお好きな方はお試しください。
「ベタベタの深煎りコーヒーが好きなのに、近所で買えるとこがなくて」
「ペンギンさん行きたいけどなかなか行けなくて…」
という方にはちょうど良い機会かもしれません。

こちらの豆は淹れ方をあまり選ばないような気がします。パッケージのペンギンのイラストがかわいいです。

お店での豆選びは適当というか、店主であり焙煎士でもある「ペン太さん」にお任せのようなものです。「100g×3種で、シティ、フルシティ、フレンチみたいな感じで」という感じでオーダーします。

お店では色々選びますが、通販ですと「お任せ3種」のみになります。(⇒通販のお知らせへ)

▼記事はこちら

www.barrierfree.yokohama


Big Chihuahua Coffee(ビッグチワワコーヒー)

ビッグチワワコーヒー

ふとした時に飲みたくなる、こちら。ネットで知ったコーヒー豆専売店です。水のように透明感があるのに、コーヒーらしい美味しさの「芯」を感じることができるコーヒーが楽しめます。

1杯のコーヒーのキャラクター、香りや味を意識して飲むことも好きですが、何も考えずに「スッと」飲むこともコーヒーの楽しみの1つだと思います。雑味やネガティブな要素を感じることのない、透明感あるコーヒーです。

注文後、手回しロースターで少量ずつ丁寧に焙煎しているそうです。

URL:https://bigchihuahua.theshop.jp/

 

コーヒー豆の選び方について

一口に「コーヒー豆」といっても、コーヒー楽しみ始めの方にとっては、「いろいろな種類があって、よくわからない」と思われることと思います。

そのような時には、次の3種類を可能であれば100gずつ購入してみることをおすすめします。

  • 中煎り
  • 深煎り
  • ナチュラル

こちらの3種類を飲むことで、「好みの物差し」になるからです。


「もう少し浅煎りありますか?」
「ナチュラル好きですが、似たような豆ありますか?」
「もっと深く、苦いものも試したいです」
「高価な豆、安価な豆も飲んでみたい」
という希望があれば、色々な豆を提案してくれると思います。

良い焙煎豆というのは、淹れ方をあまり選ばないような気がします。そういったコーヒー豆であることがベストだと思います。

コーヒー豆の保存について

焙煎したコーヒー豆は時間が経つと、味や香りが落ちてきます。
豆のまま保存しても鮮度が下がりますが、さらに劣化を早めるのは豆を挽いてしまうこと。粉の状態にすることで表面積が増えるので、味と香りが抜けやすくなります。
したがって、豆の状態で購入し、コーヒーを淹れる直前に、豆から粉に挽くことをおすすめします。

コーヒー豆は密閉容器に入れて、直射日光や湿気を避けた場所に置くようにしましょう。

ベストは、コーヒー豆を買う量を7日間から10日間で飲みきれるくらいにすることです。

長期的に飲まない場合は、フリーザーバッグに入れて冷凍保存すると、劣化を抑えることができます。焙煎した豆は凍らないので、室温に戻してからすぐに使えます。冷蔵ではなく「冷凍」です。

 

第2回では「コーヒーを淹れる道具」、第3回では「コーヒーの淹れ方」について紹介いたします。

www.barrierfree.yokohama

▼「ラ・テイエール」初心者におすすめの紅茶3選はこちら

www.barrierfree.yokohama

▼ロイヤルミルクティーの作り方はこちら

www.barrierfree.yokohama